富士山『心のケア合宿』

医学と宗教の融合から生まれた画期的精神療法

近代化が進むにつれて、現代人は熾烈な競争原理の中に置かれるようになり、大きなストレスを抱えるようになりました。そのために深刻な精神疾患が、先進国を中心に急増しています。結果、自らの命を絶つ人も少なくありません。そういった状況下にあるにもかかわらず、現代精神医学は人間としての患者に向き合わず、あまりにも容易に薬剤処方に走り、知らず知らずのうちに患者を薬物依存症に陥らせている傾向があります。多剤処方による健康被害は、専門家でさえ警鐘を鳴らしているほどです。

精神科や心療内科で「精神疾患」と診断される症状の多くも、じつは特定の心理傾向に過ぎず、意識と無意識のバランスを回復することによって、大半の人たちが明るく幸せな日々を送れるはずです。

IMG_5485

富士山『心のケア合宿』では、誰もが本来の自信を取り戻すことが何よりも大切と考えています。そのために医師と宗教家がコラボをして、 瞑想・ヨーガ・気功・鍼灸などの補完代替療法と精神医学のノウハウ(カウンセリング、認知行動療法)を合体させ、ホリスティック(全人的)なメンタル・セラピーを自然豊かな環境の中で提供します。

高橋徳1950年生まれ。神戸大学医学部卒業後、10年間消化器外科医として病院勤務。1992年に渡米し、ミシガン大学助手、デユーク大学教授、ウイスコンシン医科大学教授を歴任。心と身体を総合的に診る『統合医療』を研究し、ストレス性の心の病いに応用してきた。4年前に帰国し『 統合医療クリニック 』を名古屋にオープン。 http://www.clinic-toku.com

profile_img01

町田宗鳳1950年生まれ。京都の禅寺(大徳寺)で20年間修行。1984年に寺を離れ渡米。ハーバード大学・ペンシルバニア大学卒業後、プリンストン大学助教授、国立シンガポール大学准教授、東京外国語大学教授などを経て、現在、広島大学名誉教授、ふじのくに地球環境史ミュージアム客員教授。天台宗僧侶として比叡山延暦寺でも修行。人間の声に含まれる倍音の効果を利用した画期的瞑想法「ありがとう禅」を開発し、日本や欧米で瞑想セミナーを開催。2017年、富士山麓に超宗派寺院「ありがとう寺」を建立。 http://www.arigatozen.com

o0480064013915736136 

開催場所;御殿場高原 時之栖(ときのすみか)ありがとう寺
〒412-0033  静岡県御殿場市神山719番地
TEL.0550-87-3700 FAX.0550-87-0301

http://www.tokinosumika.com/

slide1

広告