第1回セミナー(終了)

3月17日(日)午前10時ー午後4時
名古屋市西区中小田井 善光寺別院 願王寺
(名鉄犬山線中小田井駅下車徒歩3分)
参加費:3,000円 定員:30名
申し込みフォーム
http://www.formpro.jp/form.php?fid=59234

講演1 高橋徳
(クリニック徳院長・ウイスコンシン医科大学名誉教授)
『人は愛することで健康になれる』
「人はなぜ人を愛するのか」という哲学的命題を生理学の面から解き明かす。オキシトシンの生理作用を説明することで、健康や円滑な人間関係に、いかに愛が大切なものかが理解できる。自閉症、うつ病の治療としてのオキシトシンの可能性とともに、私たちの健康と幸せな社会生活についてのヒントを提示する。

講演2 町田宗鳳
(ありがとう寺住職・広島大学名誉教授)
『無意識の覚醒』
競争原理を基軸にしている現代社会では、真面目な人ほど心が疲弊することになる。しかし、どんな深い悩みを抱えていたとしても、それは顕在意識や潜在意識での出来事であり、無意識はまったく傷ついていない。とくに無意識の底辺にある「光の意識」(超意識)は、無限の可能性を秘めている。瞑想は単なるリラクシゼーションとして取り組むのではなく、無意識の扉を開けることに究極的な目的がある。

おにぎりを作って食べて「井戸端会議」
利他と感謝の瞑想 (ありがとう禅)の体験

対談 高橋徳・町田宗鳳
『死は恐るるに足らず ーよく死ぬことはよく生きることー』

問い合わせ;
統合医療 クリニック徳
460-0008 名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル11階
Tel 052−221−8881 Fax 052−221−8882

 

『ヤブ医者とナマグサ坊主の愉快なセミナー』無事終了しました。

医師と宗教家がメンタルケアについて語り合いました。

皆でおにぎりを作って、ワイワイとランチ会をしました。

最後に利他と感謝の瞑想 (ありがとう禅)も体験していただきました。

『医学と宗教の融合』という理想をかかげ、名古屋からメンタルケアの臨床を変革していくための情報発信をしていきます。次回は、8月4日を予定しています。