第5回セミナー(終了)

『第5回心のケア、統合医療セミナー』は9月1日(日)にクリニック徳で開催予定です。

ご参加申し込みフォーム

    http://www.formpro.jp/form.php?fid=59343

 

9月1日(日)に開催された『第5回こころのケア:統合医療セミナー』には6名の方にご参加いただきました。今回のセミナーでも、様々な業種のスタッフ(医師、カウンセラー、ヨーガ療法士、医療気功講師、鍼灸師、クリスタルボウル奏者など)が参加者のメンタルケアを担当しました。

セミナーの内容は以下のサイトからご覧になれます。

高橋徳

『メンタルケアと統合医療−1』

『メンタルケアと統合医療−2』

 

大高直樹

『うつ病患者の体験談』

 

参加者からのご感想

「第5回 心のケア:統合医療セミナー」に参加された方から感謝のメールをいただきましたので、本人の了解を得て以下に披露させていただきます。

『徳先生はじめスタッフの皆様素晴らしい一日を本当に本当にありがとうございました。心臓が口から出そうに緊張しながら恐る恐る参加させていただきました。徳先生のお話、ヨガ、気功、マインドフルネス、クリスタルボウルの音、リセット、カウンセリング、全てが素直に身体に入り込んで、血液に乗って身体全体を駆け巡りました。 気持ち良かったのと同時に、どれだけ自分が滞っているか蓋をしているか不自由なのかを思い知らされました。

  今年の4月に脳梗塞で入院し、その後の高血圧治療で現在のとんでもない医療状況(血圧の基準値もころころ変わるし、ただただ薬を一生出しますと言う医者)に愕然として、次々と病院を変え、医療難民となっていたところ、たまたまネットで徳先生のことを知り6月末からクリニック徳で診察を受けています。最初は単に高血圧患者だったのですが、心を癒す試みも色々なさっていることを知り、自分の心の問題も、もしかしたら改善されるのかもと思い始め、積極的に参加してみようと思いました。

私は幼い頃妹が事故で植物人間になったり (10年生きて亡くなりました) 、血の繋がらない家庭に預けられた時期があったり、父親からずっと暴力を受けていたりと辛い子供時代を過ごしました。 社会に出てからは、そんなことは無かったかのように過ごしていましたが、過度の緊張で手が震えたり喋れなくなったりで仕事に支障がでて会社を辞めてしまったりということが起こり、20代半ばに心療内科に初めて通うことになり、病名がつけられ向精神薬や睡眠薬などが処方され、ずっと飲み続けました。

しかし心も身体も改善されることは無く、41歳の時に全てに耐えられなくなり、薬とアルコールの大量摂取による自殺未遂をしました。幸い妻に発見され、救急車で病院に運ばれ、胃洗浄をして三日三晩眠り続けた後この世界に戻ってきました。

退院してから自分のことについて考え、薬をやめる決心をしました。薬をやめて頭が狂ってしまおうが仕事も何もできなくなろうが、とにかく自分が自分のまま自然でいたかったのです。薬を一切やめてからは不安になりながらも騙し騙しなんとかギリギリで生きてきました。それから13年、高血圧の医療難民として徳先生と知り合ったのですが、心の医療難民として30年近く彷徨っていたんだとわかりました。 今54歳ですが、今までは信じられなかった愛のある幸せで楽しい人生を歩めるのかもと初めて思っています。歩んでいきたいです。本当にご縁に感謝です。ありがとうございました。』

 

『名古屋徳先生のクリニックでの体験は心に沁みるものでした。薬剤依存、医療丸投げでない。今しんどい所におられる方々の本来のちからを引き出すアプローチの数々を体験させて頂きました。徳先生をはじめ、スタッフの皆様の来室者の本来のちからへの信頼 (治すものではなく、気づいて本来の健やかさにもどる) が嬉しく心地よかったです。今しんどい方、浮き沈みがあるのと語られる方。その方がご自分の舵を握られると輝くようなお人柄が全面にでてこられ魅せられました。適切なサポート (お一人おひとりに合った) に出会い、選び主体的に立ち歩まれる姿が眩しかったです。このセミナーや徳クリニックの お働きが必要な方々に届きますよう祈ります。 保健師 N 』

次回は12月8日(日)に開催予定です。

参加申し込みフォーム

http://www.formpro.jp/form.php?fid=59410

お問い合わせ;
統合医療 クリニック徳
名古屋市中区栄2−10−19 名古屋商工会議所ビル11階
Tel 052-221-8881   fax 052-221-8882

kenkodojoclinic@gmail.com
http://www.clinic-toku.com